「本当の自分」「本来の自分」ってどんな自分?

「本当の自分」というと、

本当の自分になれば、やりたいことができる。
我慢せず、自分らしくあれる。
能力発揮して成功できる。
人に気兼ねせず、自由に好きなことをしている。
毎日が楽しく過ごせる。

こんなことを思い描いている人が多いと思います。

でもそれは、なんだかきれいにラップされたような雰囲気があります。

「本当の自分」と「今の自分」との違いは?

「本当の自分」と「今の自分」との違いはなんでしょうか?

考えてみてください。

本当の自分になったら、どんな風だと思っているのか?
今の自分はどんな風なのか?
理想の自分と本当の自分は同じなのか?違うのか?

赤ちゃんの頃は、”本来”のそのままの自分です。
まだ自我が芽生えてません。

自分のことを認識しておらず、周りの世界と自分と区別してません。
屈託のない純粋な赤ちゃんは天使のようです。

あなたはそうなりたいのでしょうか?

本当の自分、本来の自分になりたいと思いながら、「じゃあ、どんな自分?」と聞かれても、悩み事がなくって、自分のことが大好きで、人とうまくコミュニケーションとれて、やりたいことがやれて、、、

と自分のことなのに、一般的な答え止まりなことが多々あります。

もともと持っていた素質や才能を活かそう

本当の自分、本来の自分、、、

それは、生まれてこのかた身につけてきた後天的なものを
すべて取り去ったあとで残るものではないでしょうか?

素の自分が基盤となり、その上に
後天的に学んだことや身につけたことが付加されていきます。

それらは、あなたがもともと持っている可能性と役割のための成長の糧となります。
そしてそれを強化し、生かすことができるのが本来のあり方でしょう。

経験してきたことはすべて無駄ではありません。
しかし、あなたの才能を制限する考えや価値観などは、
早めに取り去ってしまう方がいいでしょう。

悦月(えつき)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする