天命を生きる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

備えあれば憂いなし

最近の台風に関する報道は大げさじゃないか?とも言われてますが、万が一に備えて防災準備だけはしておきたいですね。何かあってからでは遅いですから。

人事を尽くして天命を待つ。
まずは人のできることをやり尽くして、そのあとは心静かに天に運を任せます。

できることをしきったあとは、もうどうしようもないので、なるようになるしかありません。しかしそういう時こそ、今までと違ったひらめきが起きやすい時です。

天命とは何か?

天の命。

私たちが生きているということは、天からいただいた命を生きているということです。
あなたが自分で自分を生じさせたわけではないですから。

現在過去未来を合わせたいろんな関係性の縁起の中で、あなたという存在が生じる必要があったと言えます。

となると、なぜあなたが生じたのか?

それを知り、それを生きること。

それが天命を生きることではないでしょうか?

人事、、顕在意識が考えうることをすべてやってしまったあとは、もう顕在意識では太刀打ちできません。「もうわからん、手のつけようがない」と思って、理屈や損得で考えるのをやめ、理性を手放してしまったら、、、

やっと無意識が新たなリンクづけをしようと動き出します。理性ではつなぎ得なかったもの同士をつなぎ合わせて、新しいアイデアをクリエイティブに生み出します。

そして天からの命令があなたに下ります。

「自分を生きよ!」
「天が授けた命を生きよ!」

「そのためには〇〇をせよ!」と思わぬアイデアをあなたに授けます。

それをするかしないかはあなたに任せられます。
常に自由選択です。

自分の意のままに生きる

「備えあれば憂いなし」は、日頃から十分に準備をしておけば、何も心配することはない、という意味です。何も起こらないと言っているのではなく、案ずることはないと言っています。

自分ができることをすべてやったのなら、どう転んでも受け入れよう、という潔さがあります。

また、できることはやったのならもう不安がるのはやめなさい、とも受け取れます。

不安や心配、恐れを持っていると、同じ波動のものを引き寄せます。
だから「憂いなし」でいるほうがいい。

「なにがあってもどうにかなるさ」という強い精神の人はなにかあってもどうにかします。生命力が強いというか、根性があるというか。

たくましく柔軟に生きることができる人は強いです。
そういう人は何があっても現状を受け入れ、そこからまた不死鳥のごとく蘇ります。

「天は私を悪いようにはしない」というゆるぎない信念があれば、悪いようにはなりません。これは信念というより信仰に近いかも。

言い換えれば、「私に悪いことは起こらない」と思っているか。恐れから言っているのではなく、どんなことが起こっても「それは悪いことではない」と言える自分がいるということ。

「天は私を悪いようにはしない」

言い換えれば、

「私は私を悪いようにはしない」

そう、あなたと天は同じもの。
天の意思をあなたが受け継ぎ、あなたに実行する。

天命を生きる。

天の意のままに生きる。
それは自分の意のままに生きること。

悦月(えつき)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする