エピソード3:自然だけが友達と思うひねくれた子供

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

エピソード2はこちら

自然は不思議世界への入り口

私は自然と動物が子供の頃から好きで、庭や近くの小山でよく遊んでました。小学低学年の頃にはすでに人間嫌いで「私が信頼できるのは自然だけだ」と思っていたのを覚えています。

小学2年から猫を、中一で犬を飼い始めました。この二匹がずいぶんと私を癒してくれました。のちに「無償の愛」を教えてくれたのはこの犬でした。

山の麓の母の実家周辺は私の原風景の一つとなっています。
わら屋根の家、ぼっとんトイレ、土間、縁側、広い和室、般若の面、仏壇、納屋、池に鯉、山から水を引いた井戸、開かずの間の蔵。庭からすぐに裏山につながっていて、山を探検するのが好きでした。

実家は田舎にありがちな大きな家でした。出入り口が数カ所あり、階段が4ヶ所、トイレが3ヶ所と迷路のような家でした。

小学生の頃は汲み取り式のぼっとんトイレで薄暗くすごく怖かったです。
その隣に誰も使わない開かずのぼっとんトイレがひとつありました。なぜそのトイレがあるのか不思議でした。

このトイレから下に入って大きな体育館みたいなところに出ると何者かに追われるという悪夢を子供の頃に何度か見ました。

小学1~2年の頃の私にとっての衝撃的な体験は、竹やぶ事件。
竹やぶは独特の妖しい雰囲気があります。怖いながらもそれに惹かれるものがありました。

ある日、母の里の山にある竹やぶを一人で探索していました。
竹やぶの反対側に出た時に思わぬ光景が目に入りました。

そこには10羽ぐらいの鶏が首を吊られていたり、地面に横たわっていたりで殺されてました。

びっくり仰天して、大急ぎでいとこを呼びに親戚の家に戻り、一緒に現場に行きました。
養鶏農家が食用のためかなにかで殺したんだと思いますが、当時はそんなことわかりません。
竹やぶの怪しい雰囲気をくぐり抜けて突然、殺人現場ならぬ、殺鶏現場に遭遇したので、かなり強烈な体験でした。

これらの出来事は物事の背後にある見えない知らない世界への誘いであったかのようです。

子供の頃から自然や、自然のうしろに潜む見えない”気配”に親しみや興味をもっていました。

『月刊ムー』に載るような不思議な話は大好きでした。自分には霊能力や超能力はなかったですが、「超能力入門」みたいな本を読んで能力開発に励んだりしました。

エピソード4につづく

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする