最初の一歩を踏み出して起こること

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

行動すれば、うまくいく?

実現したいことがあり、それに向かってやっと行動し始めたら、状況が悪化してしまった。

あなたにはこういう経験がありますか?

新しいチャレンジをしようと決心して一歩踏み出したら、くじけそうな困難がやってきた。

もしそういうことが起こったら、「やった!」と思ってください。
私は正しい方向に進んでいる、と。

やりたくないことをしていたり、人に言われてしている場合は別ですけど、自分がそうしたいと思って前向きに行動を起こしたのなら、オッケーです!

「自分の願いを叶えるために行動を起こせば、それが進むべき方向ならば、きっとうまくいくだろう」とあなたは期待していたと思います。
しかし、実際に動き出してみると、「やめなさい」と言わんばかりのことが起きている…。

「やろうと決めた矢先なのにどうしてこんなことが?」
判断を誤ったかと疑いたくなります。

しかし、覚えておいてください。
そういうもんです><

何を一番リアルに感じているか?

やると決めて覚悟したら、トントン拍子にうまくいったという話をよく聞きますけど…?

はい、確かにそういう場合もあります。
すべてがお膳立てされてたかのように順調に行く場合もあります。

やりたいこと、欲しい未来が明確になり(具体的とは限らない)、その状態の自分を強く欲してイメージできた場合、その未来の状況がその人にとって、よりリアルとなります。

まだそうなってない今現在の自分がすごく居心地悪くなります。
「今のままではいけない」と強く感じます。望みの状態になっているはずの自分がまだなってないのですから、今の状況の方がおかしいと感じて、早くそこにたどり着きたいと思います。

脳はその人にとって重要だと思うことを見せてくれます。
現状が続くより、未来イメージが実現していることが重要になれば、それを実現させる情報をどんどん見せてくれます。
なので、次々にチャンスがやってくるように感じます。

過去も現状もどうでもいい

しかし、未来像より、今までの考え方や価値観の方を強く感じていると抵抗が起こります。

「自分がその未来を手に入れるのは困難だ」「今の自分のままではいけない」と現状の自分の状態を強く感じます。

その場合は、新しいことをすることに決めて、それに向かって進み始めても抵抗に遭います。

今までの自分を強く感じていると「そう簡単には変われない」と感じます。
「変われない自分」や変化する恐怖をリアルに感じると、チャンスが来ていても見えなかったり、それを阻止しようとする動きがおきます。

自分はそう簡単に変われないとか、変わるのが怖いと思っていますから、そう簡単に変われない状況を自分に引き起こしているのです。

潜在意識は現状維持したがる

別の言い方をすれば、「お試し」が来ているということです。

潜在意識は今までのパターンを繰り返したがります。
いつもやっていることを安全だと考えます。
しかし今、あなたは新たな決心をして、今までと違う行動をしようとしています。

すると、「ちょっと待って、そっちじゃないでしょ? いつものやり方に戻ろうよ」と、どうやったらあなたがそれをやめてくれるか?と想像的無意識がクリエイティブに活動しはじめ、ストップをかけようと困難をあなたの前にもたらします。
あなたが決心を取り消して、元に戻ることを願います。

これはあなたのマインドが起こしていることです。
ここで迷い出すと、元に戻ろうとする力が動き出します。
現状維持しようとする力は強いです。
「やっぱり私には無理かも」とこの時、逆戻りする人も多いです。

未来を先取りしよう

あなたが「何を一番リアルに感じているか?」がポイントです。
「今までの自分が当たり前」であれば、その状態に戻ろうとします。

ここであなたが「いや、もういいんだよ。私は次の段階に進むから」と望む未来をリアルに感じて、目の前の障害を問題視せずにやり過ごせば、潜在意識は「本当に変わる気なのね」と理解します。

つまりあなたの中にある今までのパターンが上書きされ、新しい認識が生まれます。
すると、その問題はそのうち消えていきます。

最初から「最初の一歩を踏み出すと困難がやって来る」と思っていれば、いざ踏み出して、何かトラブルが生じたのなら、「やった、来たぞ!」と思えます。

その時には「もう古いパターンを手放して次の段階に進みます!」と気持ちを新たに進んでいきましょう。

悦月(えつき)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする