なにを信じるか?で現実が変わる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

私たちは信念に従って行動している

私たちは常になにかしらの信念を持って行動しています。

例えば、家に帰ること。
ほとんどの人が、今日家を出たらまた家に戻ってこようと思って出かけます。

戦国時代の武士ならば、「今日が最後と思って家を出る」こともあったかと思いますが、今の日本はよっぽどのことがない限り、普通に出かけたら普通に戻ってこれます。それを当たり前に思っています。

当たり前に思っていることはすでに信念です。
そうなると信じているのですから。

信じていることが変われば、現実も変わる

では、あなたの信念にはどんなものがあるでしょうか?

私たちは数え切れないほどの信念を持っています。
現実は自分が信じているからそうなっています。
が、そのカラクリに気づかず、疑うことなく、それが唯一の現実だと信じてしまいます。

なにを信じているか?が変われば、現実も変わっていきます。
どうせ信じるなら、訪れてほしい未来を信じましょう。

例えば、夢を叶えたいと思います。
「その夢は実現する」と本気で信じているのなら、今の行動は、未来にそれが実現しているような行動になります。

あなたの中では、それはもう当然のこと。「予定」となっています。
「そうなることになっているから今これをする」という流れになります。
信じることで、あなたは自然とそれがあたりまえのようにふるまいます。

「出かけても、戻る家がある」とあたりまえに思っているように、「未来にこうなるから、今これをする」とあたりまえに思えるようになります。

「そうなって当たり前」と思う

その未来になにを設定しているのか?

ここが大切です。

「できるかどうかわからない」は、「自分は未熟である、力が足りない」と信じていることになります。そうなると、その自信のなさが行動や態度に現れます。

心から信じたことは実現します。
この「心から」というのが曲者です。

頭でいくらイメージングして願っても、本当に望んでいなければ、叶いづらいです。本当に望んでいることと信じていることが一致すれば、それは必ず実現します。そのすり合わせをしていきましょう。

悦月

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする