怠ける自分をやる気にさせるには?

つい怠けてしまう自分を、どうしたらやる気にさせられるか?

本当は、怠けているというより、やりたくないからやっていないのでしょう。
それをしていない時間、あなたは他のことをしているはずです。
もしテレビをだらだら見ているとしても、あなたはその時それがしたいからやっています。

人はそれを見て「怠けている」と言います。
そしてあなた自身も「自分は怠けている」と思います。

やりたくないことばかりする毎日が続けば、イヤになります。
他にしたいことがあれば、それをします。
特にしたいことがなければ、何をしたらいいかわからず、だらだらと過ごします。

どうしたらやる気になるか?

それはやりたいことをすることです。

やりたくないことや、人から言われて「やらねばならない」と思っていることに対して、やる気を出したいと考えているのなら、その考え方を見直しましょう。

なんでやりたくないことをするんですか? という話です。

「でも、それをしないと、、、」と、あなたからはいろんな理由が出てくるでしょう。

「やりたくなくてもやらなければ」というマインド設定をしていませんか?
ならば、その設定を見直しましょう。

「やりたくないこともやらなければ生きていけない。それが人生。」
と思っていたら、やりたくないことばかりがあなたの元にやってきます。

「やりたいことだけする」と決める

「やりたいことだけやっても生きていける」と設定を変えれば、そのようになっていきます。

やりたくないことはやらないと決め、やりたいことだけすると決める。

「そんなの無理ですよ」と今は思うかもしれません。
が、「自分はやりたいことしかしない」と決めてしまえば、いずれそうになります。

まずは「そうする」と、心から決めることです。

やりたいことをしている人は生き生きしている

やる気になるには、やりたいことを見つけることです。

自分が夢中になれること。
それが見つかれば、誰かに言われなくてもあなたは行動しているでしょう。

ゲームが好き、漫画が面白い、料理が好き、でもいいです。

ゲーム依存症になるとまた別な話ですが、「好きだからする」というスタンスであれば、自ら進んで取り組みます。攻略法を考えたり、新しい料理を考案したり、と意欲的に取り組みます。

やりたいことをしている人は生き生きしてきます。
直接仕事と関係なくても、打ち込めるもの、夢中になれるものがあれば、元気になります。

誰かのために何かをすることも人を元気にします。
自己犠牲的にするのではなく、その人のために役に立てることが自分の喜びになる場合です。

「やってよかった」と思えるようなこと。

人は自分のためにはなかなか動きません。
が、人のことなら、自分が思う以上に行動しやすいです。

悦月(えつき)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする