ノット・ノーマルに生きる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

多くの人が「自分らしく生きていない」と感じている

今の時代、多くの人が「自分らしく生きていない」
とストレスを感じています。

日本はとくに、人に合わせることが良いこと
とされる風潮がありました。

今、だんだんと多種多様が受け入れられてきています。

違ってて当たり前、違うことが個性、
と言われるようになってきています。

人はみな、本来の性質や個性を持っています。

育っていく中で、しつけ、教育という名目のもと、かなりの部分を修正され、
窮屈な思いをして生きてきた人も少なくありません。

人は皆、その人ならではの才能や個性を持っています。
しかしそれを生かせる場が今まではあまりありませんでした。

画一的な社会システムの中で働きアリのようになること。
それがいい市民であり、国民であり、優秀であると思われた時代。

だんだんとそれに疑問を感じ、窮屈になり、
そこからはみ出し始めている人々。

人と違っていい、普通でなくていい

コーチングの祖、ルー・タイスは言いました。

「ノット・ノーマルでありなさい」と。

「ノット・ノーマル」

人と違っていいのです。
というより、普通であってはいけない。
人と違う方がいい。
そちらを目指しなさい、と。

80:20の法則で言えば、20%でありなさい、ということですね。
その他大勢の多数派に埋もれてしまわないように。

人と違うあなたでいいのです。

これを聞いた時、私はとてもうれしく思ったことを覚えています。

なんだ、それでいいんだ。
人に合わせなくてもいいんだ。

これも選択肢ですね。

我が道を行くことは、それはそれでいろいろあります。

自分の生き方、あり方を肯定しよう

人に合わせる人生と、自分の好きにする人生。

私は後者の方が好みなので、人がどう言おうと気にせず、
自分の好きに生きようと決めました。

それまでは、それがしにくい世の中に不平不満を持ってましたが、
自分の立ち位置を決めると楽になります。

自分はそっちに行かない。
異端でいい。

自己卑下とかではなく、自分のあり方、生き方を肯定すること。

もし生きづらさを感じている人がいるのなら、
ノット・ノーマルに生きる道を選んでみたら?

普通でない、人と違う。
だからこそ面白い。

そんな生き方を始めると、周りには
そういう人たちが集まってきます。

あなたならではの面白い人生を歩んでいきましょう!

悦月(えつき)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする