あなたの幸せの基準は何か?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

なぜ自分はうまくいっていないと思うのか?

あなたは自分はラッキーだと思いますか?
それとも人生うまくいってないと思いますか?

あなたはもっとお金が欲しいですか?
お金が足りない、自分は貧乏だと自分に話しかけていませんか?

もしあなたがネガティブに考えやすいとしたら、
どうして自分はそう思うのか?と考えてみましょう。

どうして私はうまくいかないか?と考えるよりも、
なぜ自分はうまくいっていないと思うのか?
そこを考えてみましょう。

あなたの幸せの基準はどこから来たか?

あなたは、あなたなりの成功や幸せの基準を持っています。
この基準は人によってそれぞれです。

常識や教育という枠にはめられてしまうと、
「これが基準です」と親や先生、上司やメディアなどに言われたことを
そのまま信じ込んでしまいます。

幸せになるのに、お金もいい大学も高給な仕事もいりません。
あなたが幸せを感じられる状態であればいいのです。

それを得るために、人は多くの収入を得ようとしたり、
素敵なパートナーを見つけようとしたり、
生活水準を上げようとしたり、
SNSでリア充ぶりを見せたりするわけです。

でもそれって、本当にあなたの幸せ?
どこかで得た情報にのせられてませんか?

あなたにとっての幸せってどんなですか?

お金が足りないと思うのは、欲しいものがあるからです。
あるいは、欲しいものにお金を使ったからです。

その行動が人に言われた基準を満たすためであるのなら、
一度足を止めて考えてみましょう。

大事なのは、幸せを感じられる心です。

思うような人生が生きれてない
自分の望みはなかなか叶わない

と思うと、
自己肯定感は下がり、被害者意識になりがち。

ではなくて、なんでそう考えるのか?

その視点こそ、あなたの幸せを阻むものです。

自分にはお金がない、
親しい友人がいない、
仕事がうまくいかない、
認めてもらえない

と思う以前に、

なんで自分はそう思うのか?
何/誰と比べてそう感じるのか?

自分が課している基準は、本当にあなたが欲しているものなのか?

考えてみましょう。

何が不幸かというと、

自分にとっての幸せが何か?

を自分が知らないことです。

自分に正直に、素直になろう

人から言われた幸せや成功を得ようとがんばって、
それが得られなくて、自己肯定感を下げているとしたら、、、

その考え方自体を見直した方がいいです。
自分の価値を人に委ねてはいけません

あなたの人生を人に決めさせてはいけません。

そのためには、

まわりと比べないこと。
世間一般の言うことを鵜呑みにしないこと。
常に自分の本心と対話しながら進むこと。

それが大切ではないでしょうか?

あなたが、あなたのことを思ってくれる一番の親友となってください。

悦月(えつき)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする