最初の一歩のための原動力はなんでもいい

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

あなたの今、一番強い欲望は何?

人間の欲望はつきることがありません。
でもそれは時として大事です。

なぜならその自己中心的な欲望が原動力となり、
普段ならぜったいしないようなことを可能にしうる力となりうるからです。

だから何かを始めるときに、自己中心的な欲望のもとに
始めることを恥ずかしいとしないで下さい。

「お金持ちになりたい」
「男(女)にモテたい」
「あいつをみかえしてやりたい」

そんな世俗的な願望でもいいのです。
それが原動力と化すなら。

きれいごとはやめよう

「世のため人のために役立つことをしたい」
『世界平和のためにやりたい」

なんて思いがなくてもオーケーです。
あってもオーケーです、もちろん。

善人になる必要はありませんし、きれいごとで繕う必要もありません、

「人助けをしなくては」と ”ねばならない” になってしまえば、

それはあなたが本当にしたいことではなく、
まわりの影響を受けていることです。

「人が言うからする」になると、自分の人生を人に委ねてしまっています。
あなたはそれに対して、心から打ち込めるでしょうか?

自分の心の声に従ってみよう

自分の中に眠る、じわじわと湧き出る熱い思いを探してみましょう。
ずっとそれを封印していた人はそれが見つかるまでに時間がかかります。

それは仕方ありません。
心の押入れのずっとずっと奥に固く封印されてきたのですから。

怒りや憎しみ、野心が動機になるのはオススメはしません。
が、それが行動の原動力になる時も多々あります。

最初はそれでもいいです。危害を加えたり復讐するのではなく、
それを前に進むためのエンジンにするのなら強い力となります。

きれいごとで動くよりは、自分の心に正直になりましょう。
人間臭いほうが表面的な善意より大きなエネルギー源となります。

ただし相手に迷惑をかけたり不幸にするようなことはやめましょう。
自分がしたことはいつか自分に返ってきます。

悦月(えつき)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする