自意識過剰になっていることに気づく

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

あなたが思っているほど、人は気にしていない

あなたにはこんな経験ありますか?

人は気にしてないのに、自分の中でかなり大げさになっているってこと。

つまり、自意識過剰ってやつです。

自分の中での妄想が大きくなり、

こんな風にみられているかも?
あんな風にみられたらどうしよう?

と気になってしょうがない。

何かをするにも、

これをしたら失礼か?嫌がられるか?
この人は私をどうみているのだろう?

など考えすぎて動けなくなる。

やったことに対しても、

私の振る舞いがあの人の機嫌を損ねたかもしれない。
傷つけてしまっていたらどうしよう?

次に会った時、どう切り出せばいいのだろう?

あんなこんなで延々と悩みます。

あなたと他の人は違う現実を体験している

でもこれはあなたの頭の中で起こっていることです。

実際に相手がどう思っているのか、本当のところはわかりません。
実は全く気にしていないこともあります。

とくに主観的な人は自分中心に考えます。
自分が重要だと思っていることを人も重要視していると思い込んでいます。

しかし実際どうかはわかりません。

お金を貸した人はそのことを忘れませんが、
借りた人はすぐに忘れてしまいます(苦笑)

人にしたことは覚えているけど、
その人はそうされているとは思っていなかったり、

人にされたことは覚えていても、
自分が人にしたことは覚えていないどころか、
そういう認識すらない場合もあります。

親が子供に言ったことで、子供はトラウマになって何年も引きずり、
その子のその後の人生に大きな影響をもたらすことはよくあります。

が、親は「そんなこと言ったっけ?したっけ?」
と全然覚えていなかったりします。

発信側と受信側で、現実が大きく食い違っています。

自意識過剰になるときは、自分の中で自分がクローズアップされている時です。

そんなときは、人は、あなたが思っているほどあなたを重要視していない
と思いましょう。残念ですが(笑)

自分を許し、あるがままの自分を受け入れましょう

また言い換えれば、あなたが自分を
重要視しているから自意識過剰になります。

失敗してはいけない。
失礼があってはいけない。
間違ってはいけない。
嫌われてはいけない。
できる自分でなくてはいけない。

自分に厳しすぎます。

どんなあなたでもオッケーです。
存在自体にいいも悪いもありません。

社会で暮らしていくうえでは、マナーやルール、人間関係があります。
そこをストレス少なく過ごせた方が気楽です。

気楽になるには、人に合わせるよりも
こんな自分でもオッケーと自分を受け入れること、自分を許す、
好きになることが先決ではないでしょうか?

自意識過剰になった時は、地球の外から俯瞰しよう

自意識過剰になる時は、ふーっと力を抜いて深呼吸しましょう。

イメージで地球の外に出て、そこから自分を眺めてみましょう。

そうすると、自分の悩みがすごくちっぽけに感じます。
それを拡大させているのは自分だと気づけたら、気持ちを切り替えましょう。

地球外から見たらきっと、面白い人生ゲームをしているように見えるでしょう。

悦月

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする