裸一貫でも輝く人になる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

あなたは何者?

自分が何者か?

それが言えないと、モジモジと部屋の隅に隠れたくなってしまいます。

長い間、会社員をしていると、自分はこの会社に勤めているという肩書きがあります。
脱サラしたり、定年退職すると、肩書きがなくなってしまうので、それを恐れる人がいます。

「何、されてるんですか?」と聞かれた時、

「会社員です」「鍼灸師です」「学生です」とステイタスが言えるとホッとします。

「肩書き」という自分の一つのアイデンティティです。

が、無職だったり、ニートをしていたり、アルバイトをしていると、
自分は何者か言えなくて困ることがあります。

それで人間が決まるわけではないです。
けれども、そういうところで、人を判断する人は少なくありません。

自分が何者か言えないと、はみ出し者のような気分になります。

しかしあなたの持つパワーが肩書きによるものだとしたら、
そこに依存しすぎないがいいでしょう。

何かの役職だったり、お金持ちだとか、業績を持っているのは素晴らしいことです。

しかしそれがなくなっても残るもの。

そこに、あなたの本質があります。

あなた自身のパワーが輝き出すとき

要するに、人間としてどうか?ということです。

自分がまとっているものを自分だと思ってしまうと、それがなくなれば、自分を見失ってしまいます。


しかしそれがなくても輝くものがある。

それはあなた自身のパワーです。

そういう人は、社会的肩書きがあろうとなかろうと存在感があり、人からも慕われます。

この資格を取れば、この役職に就けば、収入が増えれば、、と思いがちですが、それなくしても輝ける自分。

裸一貫でも存在感があり、人間的にも素晴らしい。

そんな人はステキですね。

悦月(えつき)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする