一歩歩くごとに達成感を感じよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

なぜあなたは行動できないのか?

——————-
いつまでも、くよくよ。。。
動けない。。。動きたくない。。。
でも。。。だって。。。と言い訳けばかり。
いいかげん、やめようと思いました。
——————-

というメールを、メルマガ読者の方からいただきました。

よくあることですね。そして自己嫌悪に陥ります。
私も「できてない自分」にフォーカスしがちなので、よくわかります。

先日、バンジージャンプを跳んできたので、それを例えに出します。

飛ぶときに、スタッフの方が「下を見ないで。まっすぐ見て」とアドバイスを下さいました。下を見ると、「ひゃー、こんな高さを飛ぶの?」と怖くなります。前方を見ると景色が見え、自分がいる高さを忘れます。

でも、だって、、と言い訳が出るときは、バンジーで言えば、足元を見ています。
落ちそう。落ちたら怖い、と。

つまり、すぐ目の前のことですね。

うまくいかなかったらどうしよう?
恥ずかしい。
笑われたらいやだ。
まちがったらいやだ。
私にはむずかしい。

などなど。

そんなときはもっと先を見ましょう。

なぜそれをしようとしているのか?
あなたのゴールはなんなのか?
あなたは何を求めているのか?

はるか向こうの前方を見ながら一歩踏み出せば、足元の石ころにつまづいても先に進めます。目前を見ていると、

あそこに石があるからつまづいたら怖い。
気をつけて迂回しないと。
あっちにも石がある。あそこには木の根っこが!
靴ひもが解けそうだ。
蜂も飛んでいる!刺されたら怖い!

と余計なことばかり考え、行動が鈍ります。

「できてないこと」より「できたこと」をカウントしよう

そしてもう一つ。

できてないことばかりを見ることをやめること。

本音を言えば、やりたくないから動かないし、動けないし、言い訳をします。
そして、「できてない自分」のイメージを強めます。

まだできてない。
またできてない、してない。
言い訳ばかりしている。。。

ではなくて、「できたこと」に注目しましょう。

「できたこと」はなんでもいいです。「できた!」と思えることであれば。

完了感、終了感、達成感を感じることがポイントです。
だから「何をしたか?」はどうでもいいです。

「一歩歩いた。」→「やった!できた。」であれば、一歩ごとに達成感を感じることができます。晴れ晴れします。

要は、何をしたか?ではなく、自分の中に未完了感が残るか、完了感、達成感があるか? がポイントです。

「やった!できた。」が続けば、次々に物事を完了していますから、気持ちは清々しいです。達成感あります。そうすれば、くよくよすることなく「できるじゃん、自分」と誇らしく感じます。

やり途中のことが多いと、未完了感が残ります。

未完了のことと自分は、見えない糸でつながっていると思いましょう。未完了事が多いと、それらにエネルギーが引っ張られます。たくさんの糸が絡まった状態になり、なかなか前に進めなくなります。古いエネルギーにとらわれて身動きできなくなります。
(ただし、並列で物事を進行させている場合は別です。この場合は、未完了のことが同時進行していることに意味があります。)

それを切るには、完了させるか、完了したことに意識を向けるか、です。

完了してないことを完了させようとするのは労力がいります。それよりも、ちっちゃな完了ごとに意識を向ける方が簡単です。

些細なことでも、自分はこれだけ多く完了させているんだと思えれば、つながった糸よりも、断ち切った糸を思い描いて、自由に動ける自分を感じることができます。

ぜひやってみてください!

悦月(えつき)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする