正解は外にはない。内なる自分がなにをしたいか?を知ろう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

今までの常識が通用しなくなる時代において

私たちは今、本当におもしろい時代にいます。

今80代の人が昭和初期生まれです。
その人たちが体験した時代の流れでもかなりいろんな変化がありました。

戦後から今の時代への変化です。当時には想像がつかなかったでしょう。

その変化ですらすごいですが、今から私たちが体験する変化はもっとすごいものになるでしょう。それもここ数年の話です。実際、過渡期ですので、たいへんな試練を受ける人もいます。

物事が大きく変わろうとする時にはどうしても混乱が起きます。今まで良しとされていたことがどんどんと崩れていき、新しい価値観が生まれます。

今までは良くないと思われたことが反対に奨励されたり。
無能だと思われた人がすごい能力を発揮したり。

どんでん返しが起きてもおかしくない世の中になっていきます。

一概には言えませんが、簡単に言えば、今まで生きやすかった人は生きにくくなり、今まで生きづらかった人は生きやすくなると言えます。

ただし今までの自分に固執していれば、今までと変わらないか、もっときつくなります。

社会の価値観が大きく変化していきますが、あなた自身の価値観もその変化に適応して変わっていかなければ取り残されていきます。

正解を求めるのではなく、自分で作り出そう

まわりを見て「みんながこうだから」と見習うのではなく、自分で考え、創意工夫することがこれからは必要です。

なぜなら多くの人がどうしたらいいかわからなくなるから。
道に迷っている人を見習ったら、あなたも一緒に迷ってしまいます。

10年後ぐらいには、「あの時代にはあれが普通だったなんて狂ってるよね」なんて言葉が聞かれるほど、今の時代のおかしさが露見しているでしょう。

昔、奴隷制が普通にあった頃は、奴隷は普通のことでした。
奴隷は労働力であり、人間としての尊厳など考慮されません。

今は首や足に鎖をつける代わりに、給料というエサでしばりつけているので、どちらにしろ奴隷であることには変わりありません。ただ境遇は昔の奴隷よりはいいです。

もちろん、給料をもらっていても奴隷でない人もいます。

もうすでに今までの世の中が異常だったと思い始めている人もいるでしょう。

コロナウイルスが流行ったり、大量のバッタが飛んだり、山火事が多発したり。

それよりも、自然に反した生き方をしている人間社会が異常であったと知る日はそう遠くないように思います。

だんだんと生活に変化を余儀なくされ、要るもの要らないものが自然淘汰され、行き過ぎた人間社会の見直しが起こるでしょう。

「早く元の状態に戻りたい」と思っている人は多いでしょうが、本当に元の状態に戻っていいのか?

ここはしっかりと見つめたいですね。

自分のあり方、生き方を見つめ直すいい機会

教育制度や働き方の見直しはもとより、あなた自身の暮らし方、生き方についても見直したがいいところはないか?

この先、現状に耐えられず、しんどくなる人も増えるでしょうが、「もう以前の状態には戻りたくない」という人も増えるのではないでしょうか?

新しい時代を見据えて、今どう動くのか?なにをするのか?

まわりはどうするんだろう?
今まで通りにいつ戻るんだろう?
どうなっていくのかな?

と考えるのではなく、未来はあなたの手中にあると考えましょう。

あなたがこれからどのように考え、行動していくのか?

それがあなたの未来につながっていきます。

未来はまったく白紙だと思いましょう。
過去も今のあなたも白紙に戻しましょう。

そう考えた時、あなたはこれからの時代に何を創り出しますか? 生み出しますか?

あなた自身や世界を新しく生み出すとしたら、どんな風にしたいですか?

目を閉じてしばし想像しましょう。

時代が変わる時に常識は邪魔です。
どうせ常識も変わるのですから。

あなた自身が新しい常識を創り出してください。

悦月(えつき)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする