ニュースウイルスと不安ウイルスに感染していないか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

報道され続けるから不安になる

あいかわらず新型コロナウイルスの話題で持ちきりですが、これって報道されなかったら気にする人は激減しますよね? インフルエンザみたいに。

報道され続けているから「恐ろしいことだ」「この先不安だ」と思います。ウイルス感染の話題に飽きてきたら、今度はやれ倒産だ、自殺だ、財政危機だと騒がれるでしょう。

最近では、感染して亡くなった人の家族へのインタビューを報道したりしています。顔を見ることなく火葬された、とそんなことまでニュースで流したり、インタビューしなくてもいいだろうにと思います。

あなたは「ニュースウイルス」に感染していないか?

現実は、新型コロナウイルスより「ニュースウイルス」の感染の方がもっと強力で悪質ではないでしょうか?

このウイルスには多くの人が感染してます。
感染しても無症状の人もいれば、「不安」という症状が出る人もいます。

不安の症状が悪化すると、メンタルや身体にも影響を及ぼします。体力、精神力、免疫力、生命力が落ち、新型コロナウイルスやインフルエンザなど他のウイルスにも感染しやすくなり、その他の病気にもなりやすいです。

「新型コロナウイルス」よりも「ニュースウイルス」から派生する”不安” のほうがタチが悪いです。その不安にまたウイルスがくっつき、「不安ウイルス」となります。

不安ウイルスに侵されない人は、免疫力や体力、精神力があります。
新型コロナウイルスに感染したとしても軽い症状ですみます。

不安な人は不安な状態にいることに自虐的心地よさを感じている

不安ウイルスは、同種のエネルギーに感化され、不安を呼び込みます。
不安の種をもっている人がいれば同調作用を起こし、その不安を感じ取ります。そして会話を通して一緒に不安を募らせることで共感し、慰め合います。

同じ症状を持っているとわかると、不安や愚痴、不平不満が口をついて出ることもあります。「そうそう、そうなのよね」と共感者が見つかったのがうれしくておしゃべりします。

会話が弾んで唾が飛びますからすぐに感染してしまいます。が、実際は飛沫感染よりも、エネルギー感染(同調感染)が多いです。

不安ウイルスに感染した人のまわりには、同じウイルスに感染している人たちがたくさんいます。不安ウイルスは「もっと不安を」と情報収集して宿主を怯えさせます。

不安な状態が普通になってしまっているので、不安がないと反対に居心地悪くなります。だから「怖い、イヤだ」と言いながらも不安な情報に向かってしまいます。

これは心理的な要因があってそうなっています。本人がそこに気づけば、不安を求めることから脱することができます。たいてい親との関係に起因します。

私たちはミラーニューロンの影響を受けている

免疫力があって感染しない人のまわりには、同じように免疫力があり、感染しない人たちがいます。こちらは”楽観ウイルス”とでもいいましょうか。あるいは”達観ウイルス”か? これらは不安ウイルスをはねのけてしまいます。

不安ウイルスも楽観ウイルスもミラーニューロンの影響で、そばにいる人の状態を無意識でキャッチします。種類の違うウイルスは合わないので、不安ウイルスと楽観ウイルスは共存せず、自然と離れていきます。

同じ傾向を持つウイルスであれば、磁石のようにくっついてコロニーを作ります。
コロニーメンバーになってしまうと、そこから出るのは痛みを伴うので、抵抗して長引いてしまいます。

ニュースウイルスにも不安ウイルスにも感染したくないのであれば、楽観&達観ウイルスの輪に入りましょう。

そのためには自分も同じエネルギーレベルになるか、それに近い状態が求められます。あるいは、自分から望んでそういう人たちの輪に入ることで感化され、前向きに過ごすことができるようになります。

あなたのまわりに多いのは楽観的な人か?悲観的な人か?

今、自分のまわりにどんな “ウイルス” があるのか?観察してみましょう。
ミラーニューロンの影響でまわりの”ウイルス・エネルギー” に感染しやすくなります。

どの人も、どの「場」にも “ウイルス” があるとしたら?

自分が感染したいウイルスがあるところにいる時間を長くすべきです。

「ハッピーウイルス」を持つ人がいたら、その人やグループと一緒にいる時間が増えると、自分もハッピーウイルスに感染しやすくなります。

あなたは今、何のウイルスに感染していると思いますか?
まわりの人もそのウイルスに感染していますか?

あなたが感染したいウイルスはどういうウイルスでしょうか?
そのウイルスを持つ人たちはどこにいるでしょうか?

地球上、感染者だらけです。
ならば、意図的に感染していきましょう。

自分の波動を上げ、免疫力を高め、感染したいウイルスを取り込んでいきしょう。

注)ここで言っている「ウイルス」は比喩であり、実際にそんなウイルスがあるわけではありません。

悦月(えつき)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする