命を何に削っていますか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

平等に与えられている1日24時間をどう使っているか?

私たちには1日24時間を与えられています。
大統領でも王様でも乞食でもサラリーマンでも、同じ時間が与えられています。
寿命はそれぞれ違いますが、1日の長さは同じです。

さて、この時間をあなたはどのように使っているでしょうか?

8時間寝て、8時間会社に行って、、、というあなたの行動の話ではありません。

あなたが何を考えているか?の話です。

例えば、シンプルに、

ポジティブなこと
ネガティブなこと

と二つに分けるとすると、
あなたは一日の何%を、ポジティブなことや生産的なことを考えるのに費やしていますか?

そして、
一日の何%を、ネガティブなことや非生産的なことを考えるのに費やしているでしょうか?

また、過去と未来ではどうでしょうか?
何%、あるいは何時間、過去、または未来について考えていますか?

自分のこと、家族のこと、仕事のこと、
収入のこと、趣味のこと、恋愛のこと、
友人のこと、同僚のこと、将来のこと、

いろいろ考えていることはあるでしょう。

あなたがより多く時間を割いて考えていることが、未来において実現するとしたら、あなたは適切な時間配分を行なっていますか?

あなたは自分が望む未来像に対し、どのぐらい時間を割いていますか?
そのことについて建設的に考えたり、行動している時間はどのぐらいですか?

日々のルーティンとゴールを目指すのとどちらが大事?

未来や人生のゴールについて考えたいのは山々だけど、

仕事が忙しくて、、
帰ったら疲れちゃって何もする気にならない、、、
やることが多すぎて、なかなか時間が取れないんだよね。

もしそう思っているのなら、あなたにとって、望む未来の実現より今の生活を継続することの方が大切なのでしょう。だから日々のルーティンに時間を取られてしまいます。

それをすることが本当に必要でしょうか?

それよりも望む未来に対してもっと働きかける(その未来に向かって行動する)べきではないでしょうか?

また、頭でっかちになって行動せず、ただ考え続けているだけだったり、悩むことに1日の半分以上を費やしていたりしていませんか?

それらに時間を費やすことが、あなたのゴールの実現を妨げるようであれば、即、やめましょう。

望む未来を作り出すために、今考えるべきことを考えて、やるべきことをしていきましょう。

有限な時間を何に使うのか?

1日は24時間、限られています。
あなたの一生も限られています。

その有限な時間を何に費やすのか?

「明日でいいや」「また今度にしよう」と思っていると、いつまでたってもその日はきません。あなたは強制リセットがやってくるまで、同じ日常を繰り返し続けます。

しかしそれに気づいて自ら行動を起こせば、宇宙はあなたを応援してくれます。

命は誰にも平等に与えられています。
寿命の長さはそれぞれですが、「命」は皆に与えられています。

その命がある間をどう生きるかは自由です。

ロックダウンがうわさされていますが、そうなったらサナギになる期間だと思って、瞑想でもしてゆっくりと自分を見つめ直してはいかがでしょうか?

この時期に今後の行き方を見直し、本当に望む未来を思い描きましょう。
そうすれば、この混乱の時期を過ぎた頃に、あなたは何をすればいいか明確になっているでしょう。

そしてその未来があなたの前に現れ始めます。

悦月(えつき)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする