さあ、ヒーローズ・ジャーニーに出かけよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

「ヒーローズ・ジャーニー」とは?

『ファインディング・ジョー』という映画を見ました。

ジョセフ・キャンベルという神話について研究していた人がいます。その人が神話や映画などの英雄物語にはパターンがあることを発見しました。

それを「ヒーローズ・ジャーニー(英雄の旅)」と言います。

ハリウッド映画にはたくさんの「ヒーローズ・ジャーニー」があります。『スター・ウォーズ』『マトリックス』『ロード・オブ・ザ・リング』『オズの魔法使い』などたくさんあります。

「ヒーローズ・ジャーニー」にはパターンがあります。大まかにいうと、

1.【別離】
普通に過ごしていた主人公の暮らしを揺らがす何かが起き、今までの生活から離れることになります。試練や困難に直面するような旅に出かけます。

2.【通過儀礼】
そのプロセスの中で自分自身と向き合い、恐れと向き合い、自分の中に隠された力や価値に気づき、目覚めます。

3.【帰還】
自分を取り戻し、もといたところにまた戻ります(帰還)。

私たちは漫画や映画、ドラマを通して、このようなストーリーを山ほど見ています。子どもに読み聞かせる昔話やおとぎ話にもこのパターンの物語を見かけます。私たちの人生そのものがこの流れに沿っているなあと感じます。

私自身の人生も若い頃は色々と悩み多く、海外に飛び出ましたから、旅に出ていったようなものです。そこでいろんな体験をして日本に戻りました。かといって、そこで落ち着いたわけではなく、美術の世界に足を踏み入れ、自己探求は続きました。その後、起業して…

なんだかいつも自分と向き合い、挑戦し、ゆっくりながらも進んでいる気がします。決してスムーズに進んでいるわけでなく、そのプロセスの中で挫けることもあり、恐れと向き合うこともあり、至福を得ることもありました。

いろんなことが体験できたのはありがたいなと今では思えます。

新型コロナウイルスによるヒーローズ・ジャーニー

私たちが今、直面しているウイルス騒動。
これもまさに「ヒーローズジャーニー」になぞらえることができます。

普通にそれなりに幸せに暮らしていた。
なんとなく物足りなさもある。

これでいいんだろうか?
なんだか自分を試してない気がする。

今までと同じように過ごしてたらそのうち後悔するんじゃないか?
でも今のままが楽だしな…。

映画やドラマで「ヒーローズジャーニー」を見て、疑似体験できればそれで十分楽しい。
と思っていたかもしれません。

が、あなたの”内なる自分”はそれでは満足しなかったのでしょう。

普段と違うことが起きてしまいます。

新型コロナウイルスが広がってるってよ。
海外、やばいじゃん。
日本、大丈夫かな?

生活に支障出たら困るやん。
えー、仕事なくなったらどうしよう?
街が封鎖されたらどうなんの?

今までと同じであることが叶わなくなるかもしれません。

今までの生活を変えざるを得なくなるかも?
ではどのように過ごしていく?
社会はどうなっていく?

危機感を感じます。

不安を感じていても誰も助けてくれない。
誰もどうなるか確信が持てない。

今のままではいけない。
自分がしっかりしないといけない。

今までの生活を見直すことになるかもしれません。
本当にやりたいことをする決心がつくかもしれません。

何もする気が起きなくなり、鬱々と過ごすかもしれません。

もし自分が死んだら?
もし親やパートナーが亡くなったら?

そんな不安がよぎるかもしれません。

自分自身と向き合わざるを得ない状況に直面してきっとあなたは気づくでしょう。

今までがいかに幸せでありがたい人生だったか。
あるいは、自分から逃げ続けていた人生だったことに気づいたり。

自分の中にある恐れに気づき、しっかり向き合い、果敢に取り組んだ人は、最後には「ヒーローズジャーニー」を終え、次なるステップに進みます。

これから起こる”通過儀礼”を通して、あなたは英雄になる

あなたは今「ヒーローズジャーニー」の旅に一歩踏み出しているのです。
あなただけでなく、この世界そのものが。

今までのままではいけない。
変わらなくては、変えなくては。

あなたはこれから起こる”通過儀礼”を通して、自分自身を英雄にしていってください。
英雄といっても、「スーパーマンになって世界を救え」というわけではありません。

「今まで」に別れを告げ、冒険の旅にでかけるのです。
冒険の旅は今までとは違う「何か」です。

それは仕事に行けなくなることかもしれないし、自分や身近な人がウイルス感染することかもしれません。

いつもとは違う日常が始まり、そこで起こる出来事、自分の内側で起こる出来事を通して、あなたは自分を見つめ、新たな自分を発見していきます。それは、今までと同じ過ごし方をしていたら見つからなかったこと、気づかなかったことです。

あなたは、新たに見つけた自分の力、価値を手にして、新しい人生を歩みだします。

古い自分を捨て、新しい可能性に向かっていく

「危機」は、

「危」=「危ない」
「機」=「機会、チャンス」

新しい世界に一歩踏み出すのだから、危険を伴いますが、同時にそれはチャンスです。
「ピンチはチャンス」と言いますね。

めったにないことですが、今は全世界がその流れになっています。
全体の「ヒーローズジャーニー」と、個人の「ヒーローズジャーニー」が同時に進んでいます。

あなたはもう人生の犠牲者であること、被害者であることをやめ、自分自身の人生の英雄になってください。
地球を蝕む寄生虫であることをやめ、美しい地球とともに歩む英雄になってください。

それはこれからのあなたの行動で決まります。
もう今までの世界に戻ることはできないでしょう。
すでに私たちは旅に出発し、通過儀礼の時期になっています。

あなたの中の ”英雄” が今、目覚める

古い自分、環境、しきたり、信念を脱ぎ捨てて自分の中に眠る”英雄”に会いに行きましょう。

その”英雄”は”あなたの真実”を知っています。
あなたが何をすべきかをわかっています。

もうまわりの人を気にしたり、遠慮したりする人生は終わりにしましょう。
心からワクワクすることをするために今という時を過ごしましょう。

通過儀礼を終え、新しく誕生する世界とあなたは、きっとイキイキと本来の輝きを取り戻していることでしょう。

しばらくは通過儀礼の時期ですから、困難が続きます。

変化を恐れ、現状維持に固執するなら、あなたはどんどんと恐れに取り込まれます。
それよりも自分の中の英雄に出会う旅に出かけるほうがよっぽど楽しいです。

そのためにまずはいつもと違うことをする。
やったことがないことに挑戦することです。

今は自分から向かわなくても、そうせざるを得ない状況に取り込まれるかもしれませんが、自分から先に行く方が気持ち的に楽です。逃げるのではなく、向き合うことで恐れは消えていきます。

そう考えれば、おもしろい時期に突入したと言えるのではないでしょうか?
今の状況を悲観するより、前向きに取り組むと気持ちがおだやかになります。

悦月(えつき)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする