地球の年齢と人類の誕生

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

地球に人類が誕生するまでにかかった年月

46億年前:地球は0歳

41億年前:地殻がかたまり、陸と海ができる

40億年前:タンパク質や核酸が生まれる

39億年前:最初の原始生命が誕生

35億年前:バクテリアの出現

22億年前:真核生物の出現

12億年前:多細胞生物の出現

5億年前:脊索動物、魚類の出現

4億年前:両生類の出現

3億5000万年前:爬虫類の出現

2億4000万年前:恐竜の出現

2億年前 哺乳類、鳥類の出現

400万年前:ヒト誕生

そして、今に至ります。

地球の誕生から今までを1年間で例えると

これを1年間で例えると、人類の祖先の誕生は12月31日午前7時頃。
大晦日の朝です!

ホモ・サピエンス(現生人類)が現れたのは、12月31日 23時37分。

現在の人間の形になったは、23時49分。
もう除夜の鐘が鳴っている頃です。

そして、

23時58分37秒:縄文時代
23時59分46秒:キリスト降誕
23時59分58秒:産業革命
23時59分59秒:20世紀が始まり終わる
新年明けて〜今に至る

あらあら!私たちの生きている時代は1秒もありません。
私たちの生は瞬きより短いです!

生命を、地球を、バカにしちゃいけません。
人間は塵のようなものなんだから。

でもヒトをバカにしちゃいけません。
これだけの歴史の上に成り立ってるんだから。

人類の歴史は猫の毛一本

私たちは受胎して誕生するまでに、ひとりひとりみんなが、この生命の歴史を再生しながらヒトのカタチになっています。この流れをたどって今に至ります。
あなたの人生はあなたの年齢分ですが、あなたの中には生命の歴史が刻まれています。

地球の歴史を猫に例えると、人類の歴史なんて猫の毛1本ぐらいでしょう。

ヒゲじゃなくて、毛ですよ。
個人の人生なんて、その毛の先っぽにも至らないぐらいのサイズ。

そう思ったら、「失敗したくない、恥かきたくない、コロナウイルス怖い、この先どうなんの?」って萎縮してるのがバカらしくなります。

猫の毛1本分ですよ?
自分の人生なんて、吹けば飛んでいってしまいます。

エゴ意識から見れば、自分の人生は最大級に大事だから間違いたくない、報われたいと思います。

けど、地球の年齢のように気の遠くなる時間の流れを思うと、気が抜けるというか、もっと気楽にやれば〜と思えます。

そう思ったら、もっと楽しまなきゃって感じました。

自分は取るに足らない存在だと思えば、なんでもできる

私たちは自分を大切にしすぎかもしれません。

失敗しないように、まちがわないように
問題を起こさないように
まわりの人たちとうまくいくように
陰口叩かれないように、批判されないように

と気を使いまくって縮こまってます。

自我の外の世界はこんなにも大きいです。

宇宙は、地球は、あなたのことなんて気にしてません。
気にしているのは、あなた。

自分はこんなにもちっぽけな存在だと思えることは、自分の外にこんなにも大きな存在があるのだ、と気づくこと。その気づきは、なにかから解き放たれるというか、自我に縮こまって我慢しているのがバカらしくなります。

我慢…

家族のために
収入のために
健康のために
将来のために
自分のために
プライドのために
会社のために

やりたいことをせず、自分を抑えて生きる。

どうせ1本のネコの毛なんだから。
もっとのびのび好きに生きたらいいんじゃないかな?

あなたはどんな世界を創り出したい?

今日は春分の日。
これからまた新しいサイクルが始まります。

あなたはどのように過ごしますか?
またこれからどう生きますか?

あなたがどうありたいのか?
なりたいのか?したいのか?

どんな世界に生きていきたいのか?

ちっぽけな存在でありながらも、あなたはこの大いなる宇宙を感じて、あなた自身の世界を創り出していけます。

あなたの中に眠る無限スイッチをオンにして、自分自身を生かしていきましょう。

悦月

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする